動画編集を副業にする方法として、一体どのように仕事を掴めばいいかを説明していきたいと思います。
せっかくのスキルがあるのにも関わらず、仕事がなければ収入を得ることはできません。
基本的にフリーランスで仕事を得る方法には3つあります。
まず一つ目として、集客サイトを利用することです。具体的にはココナラやランサーズ、クラウドワークスといったクラウドソーシングに登録し、仕事を得る方法です。
この3つのサイトにも違いがあります。例えばココナラは自身の販売条件ページを設け、それを見た企業や個人から仕事のオファーがくるといったシステムもあれば、残りの2つのように仕事依頼を確認し、自身で希望の仕事に募集する方法です。
前者はどちらかというと依頼が来るのを待たなければならないですが、後者であれば自分から仕事を得るために動くといった違いがあります。これらすべてをうまく活用すれば副業としてしっかりとした収入を得ることができます。また金銭授受のやりとりもサイトが仲介に入りサポートしていくれているような体制になるので心配もありません。
二つ目の方法として、TwitterやYoutubeを活用し自身で仕事相手を探し営業するという方法です。Twitterで動画編集で検索すると、動画編集者を探している人を見つけられたり、普段から自身がチェックしているYoutuberさんに自ら営業をかけ仕事を得ることもできます。直接のやりとりして顧客化につなげ、副業で得れる収入を安定した物にしていくことができるでしょう。
最後の方法は、人からの紹介です。インスタグラムを活用し自身の世界観やスキルを表現することで、それを見た人が仕事を依頼したいと思ったときにDMなどで仕事の依頼を受けることができます。もしくは友人の紹介などもあり得るでしょう。
SNS以外にもオンラインサロンなどに所属することで、自分にあった仕事が来た時に人から紹介してもらえることもできます。
必要なことは自身を仕事を紹介してもらえるような環境に置くことが重要です。自身のスキルや知識を表現でき、なおかつ仕事を依頼したい人がそれを見てくれる場所であること、そのどちらかが欠けていると仕事を得ることは難しいでしょう。
動画編集を副業としてお金を稼ぐ人は増えており、月に3万程度、または十数万稼ぐ方もいるようです。
この3つの方法をすべてうまく活用することでフリーランスとして活躍することも夢ではないでしょう。